カンブリア宮殿 桐山 一憲 P&Gジャパン - グローバル競争時代を勝ち抜く次世代ビジネスを5W1Hで語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンブリア宮殿 桐山 一憲 P&Gジャパン

カンブリア宮殿 桐山 一憲 P&Gジャパン


真のグローバル企業とは!P&Gの企業戦略に迫る!!



約80カ国に拠点を持ち、180カ国以上で製品を販売しているP&G。

もっとも売れている商品は何だと思いますか?

これなんです。
↓↓↓
パンテーン

関心したのは、そのマーケティング手法

消費者がボス。それがP&Gの考え。

でも、消費者の声を聞いてもなかなか不満は出てこず、次の商品に繋がらない。

P&Gは、どうしてるかというと
主婦の家まで訪問し、何気ない動作・仕草や会話から
「ちょっとイラっとする」「なんとなく不便」というものを
見つけだすということです。

いわゆる意識化にあるニーズの掘り出しです。


それから一番他社がマネできないもの何か?という質問がありました。

答えは人材育成法でした。
巨大グローバル企業のトップマネジメントの多くがP&G出身者なんですって。
(マイクロソフト/GE/ザ・ディズニーカンパニー/LVMHグループなど)

社内公用語は英語で、150を越すトレーニングがあります。

チャンスは会社が与えるが、キャリアは自分で作り出せ!ということです。


最後に、日本の若者に一言(桐山 一憲)

日本人の基本的な能力は高い。
どこでもいつでも勝負する覚悟があるなばら、グローバルに活躍できる。

今日の5W1H


What(何を):生活に密着した商品


Who(誰が):P&Gジャパン


Where(どこで):グローバル


When(いつ):いつでも


Why(なぜ):消費者に意識化にあるニーズまで発掘


How(どうやって):主婦の家に訪問し、何気ない仕草・動作を観察




人気ブログランキングへ
↑↑↑今、何位くらいかな~ 応援よろしくお願いします。(^^)/
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

普通の人がお金持ちになるための7つの魔法

初めまして環境と申します。

どこかで聞いた内容だと思いましたが

ここのことだったんですか・・!!

ビジネスの世界は共通するものがありますよね。

これからも宜しくお願いします。

2011-06-10 08:04 | from ひろやん

トラックバック

http://bokkuri2.blog102.fc2.com/tb.php/16-373bbd8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。