ガイアの夜明け 三陸漁業 カツオ船団 漁師 - グローバル競争時代を勝ち抜く次世代ビジネスを5W1Hで語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイアの夜明け 三陸漁業 カツオ船団 漁師

ガイアの夜明け 三陸漁業 カツオ船団 漁師


地震で被害があった東北三陸地方。
今回のガイアは三陸猟師の苦悩を追います。

三陸は美味しいものばかりです。
一緒に応援しましょう!
どうすか?これ!
『ズームインSUPER』『とくダネ』『行列のできる芸能人通販王決定戦』
『ぷっすま』『冒険JAPAN! 関ジャニ∞MAP』などで紹介されました。



甦れ!三陸漁業~カツオ船団と 漁師たちの決断~



かつおは夏場に向けて北上する。
高知や宮崎などの"カツオの一本釣り"の船団も、それに合わせて北上する。

毎年6月下旬から11月にかけて、三陸沖で操業し、これを宮城県の気仙沼港に水揚げする。
気仙沼港は生鮮カツオの水揚げ量で日本一を誇り、"カツオの気仙沼"とも呼ばれてきた。

しかし、震災と津波の影響で、岸壁は1メートル以上も沈下し、満潮時には冠水する。
市場や貯蔵施設など港の機能も全壊した。

カツオ船団は現在、八丈島沖で漁を行い、千葉・勝浦港に水揚げしている。
そしていま、決断を迫られている。

果たしてこの先、三陸沖に向かうべきかどうか。
気仙沼港が水揚げの始まる6月下旬までに復旧するのか?
そして、放射能の影響がないことを証明できるのか?
気仙沼港の復旧プロジェクトと、高知県のかつお船団の決断を追った。

このほか、震災を機に漁師と地元の水産加工会社が一つの組織となり、
「スーパーにも値段交渉で対抗できる仕組みを作る」という流通革命の取り組みも取材。


今日の5W1H


What(何を):カツオ一本釣り


Who(誰が):気仙沼猟師


Where(どこで):三陸海岸


When(いつ):東北大震災の後


Why(なぜ):生鮮カツオ水揚げ日本一の気仙沼港の活気を取り戻す


How(どうやって):放射能汚染の影響がないことを証明し
           全壊した市場や貯蔵施設など港の機能を修復




人気ブログランキングへ
↑↑↑今、何位くらいかな~ 応援よろしくお願いします。(^^)/。(^^)/
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bokkuri2.blog102.fc2.com/tb.php/27-6c411891

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。