米アマゾン、東京周辺にクラウド中核拠点を開設 - グローバル競争時代を勝ち抜く次世代ビジネスを5W1Hで語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米アマゾン、東京周辺にクラウド中核拠点を開設

人気ブログランキングへ

■Who:    米アマゾン・ドット・コム
■What:   データセンター
■When:   重要なデータは日本国内に置きたいという企業の要望が多い中で
■Where:   東京周辺
■How:    データを素早くやりとりできるなど利便性が高いクラウドコンピューティング型サービス
■To Whom:  リクルート、三井物産、クックパッド、ソーシャルゲーム開発のジンガジャパン  



米アマゾン・ドット・コムは2日、インターネット経由でIT(情報技術)インフラを提供する「クラウドコンピューティング」型サービスの中核拠点を東京周辺に開設したと発表した。クラウド事業で日本市場を本格的に開拓する。

 アマゾン・ドット・コムの子会社であるアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が東京周辺にデータセンターを開設し、同拠点を通じたサービスを始めた。同社の拠点は世界で5カ所目。アジアではシンガポールに次ぎ2カ所目となる。日本の顧客は地理的に近い拠点を利用できるようになり、データを素早くやりとりできるなど利便性が向上する見込み。重要なデータは日本国内に置きたいという企業の要望にも対応できる。

 AWSはこれまで数カ月ほど一部の顧客向けに試験サービスを運用してきた。リクルートや三井物産、レシピサイト大手のクックパッド(東京・港)、ソーシャルゲーム開発のジンガジャパン(東京・渋谷)などが東京の拠点を利用していた。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bokkuri2.blog102.fc2.com/tb.php/5-1ed32d51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。